土を育てるのです

2.土を育てるのです

現代農業は今、様々な問題を抱えています。それは丁度 戦後50年の学校教育や子育ての反省と事を同じくしているように思われます。
人間性を育てずに成績や出来の良い人間に賛辞を与え、育てる中でその結果だけを求めていた。この為 人間性が欠落し 想像もつかない、今となっては取り返しの出来ない 重大な事件が子供達によって引き起こされています。

自分だけ良ければ他人はどうなっても良いの考え方は反省しましょう。人は愛と勇気を持って子を見守り 自分の責任に於いて一人の人間を育てる、当たり前のことを当たり前として。これが反省です。

このことは農業分野でも 同じくみられ 土を育てず、結果である野菜や果物の 収量・収入だけに気を取られ生産し その手段・方法はお構いなし。まずい子育てと同じです。無機質の化学肥料を沢山与え 他人より早く育て 虚弱で病弱の体質は農薬でカバーし、その上遺伝子組み替えまでして 生産し 間に合わせているのです。

これではいけない、土の中には微生物が沢山 棲んでいてセンチュウを補食し 死んだ後には肥料となり 作物の生長を助けます。ですから作物は 微生物が育てると云っても過言ではないのです。その微生物は有機質が餌なのです。土を作るとは有機質を入れ 微生物を育てることに他ならないのです。

作物は何も云わないが 私達は昔から云われている 基本である土をしっかりと作らないといけないのです。この土を作ってあると成果は約束され 時には水をやらず そして時には肥料もやらず、そう 人間で例えると 愛のムチを与えるのです。こうなれば野菜や果物は 自分の成長の証である立派な見事な実りを見せてくれます。ですから そう!! 土を育てるのです。

関連カテゴリ: 村の風の如く | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。