『ただの田舎』とはどう云うことか

7.『ただの田舎』とはどう云うことか

ただ(たった)一度の田舎=良く言ったもので「目から鱗」。
        生き物の自然の法則を知り その姿に感動

ただ(普通)の風景=特別の名所・旧跡が無いありふれた所。
        人、暮らし風景に 派手さが無く落ち着いている

ただ(無料)で触れる=入村はテーマパークのようにお金を
        払わなくてよい、拝観料なし、入館料なし。

ただ(ひたすら)見る=自分を忘れさせる景色をそこかしこに
        認め、周りの空気に溶け込みたい気持ちにさせる

ただ(なにもない)の暮らし=お金も物も無いが 心が満たされ
        自分の口に入るものを蒔いて、育てて採って

ただ(並)の生き方=毎日が脈々と繰り返される生活が当たり前
        の所。しかし平穏無事ではない。それが自然の真理

ただ(常)日を重ねる=今までの暮らし方が いかに 生き甲斐を
        感じられない毎日であったかと自問してしまう

ただ(だが)足りない=何でも身近で お金で暮らしている人には
        便さが有る。自分で動かなくてはと痛感

ただ(しかし)これはと=悩みがありながら屈託無く生き生きと
        生活をしていることに なぜかと考えさせられる

ただ(空しく)過ごせない=置かれている環境が恵まれすぎて
        いる事に気が付き 何かをやらずにいられない

ただ(わずか)一本の道=人間の生き方の道は何通りもある。
        その人にとって そんな道でも光輝く道である。

ただ(ただし)何かある=覚えていた筈の原点の営みを忘れて
        しまった田舎。失ってはならない重大さが感じる

関連カテゴリ: 村の風の如く | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。