地方事務所申請。農商工連携事業費の減額連絡

8時15分、上田の水野さんの事務所に到着。昨日の決めていた部分に大幅変更のお願いをする。一晩寝てみて考えたのですが、やはり気になってお願いした次第です。気持ち良く受けて貰えた。良かった。帰り際になって全村マップの情報が入ったので見て下さいと資料を手渡される。間に合わせて貰ってありがとうございます。

10時前に事務所に戻り、貰って来た全村マップの情報に手を入れようとして、長和町のモリケンさんへA2版の大判コピーをお願いしに行く。社長にほっとステイのJTB観光券契約について事情説明を行い、協力を求める。

地方事務所の小松さんから電話が入り、4時過ぎにはいますのでお越しくださいとのこと。4時過ぎに伺いますと返事。同じく浅岡さんからもメールが入り連絡を入れる。年度末は忙しいの一言です。

昼食後、掲載情報の整理作業を行うが、一杯あって大変。仕事の途中に大高木さんから電話が入り、今日の予定の下見の学校が20分たっても現れないがどうしたのですかねと云って来た。先方へ連絡を入れてみると、今日は都合が悪くて来られないと云って来ていて、こちらに伝えるのを忘れてしまっていたとの事。これでは来ないはず。事務所に戻って貰って、マップの掲載情報の許可を頂く件を話す。

その後、資料の手を入れたり申請書を作成して、地方事務所に4時20分過ぎに顔出し。申請書を提出。足りない資料を大至急提出しますと云うことで辞する。

地方事務所の帰りに再び水野さんの事務所に行って、マップの資料を説明を加えて置いてくる。

5時20分、中川大工さんの所に寄って、増築計画のお話をして、現場を見て貰うことにする。

5月23日に台湾からやって来る高校生が、作法や茶道の教室を開いて学びたいとの事で、公民館の予約を取りに行く。長野県観光協会が使用者なので、始めてのケースなので、料金は追って連絡しますと云うことだった。

農商工連携事業の関東産業局の担当者の方から連絡が入っていて、申請してあった交付金の金額が決まって、予定より減額になりますとのこと。厳しい査定が全員にあてはめられたとのことでお許しくださいと謝られてしまった。どうしよううも有りませんね。お金が足りないところに追い打ちが掛かります。

農商工連携事業の資料作り。

関連カテゴリ: せいしゅん日記 | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。