東京でインバウンド商談会。メディカルと国際青少年交流農村

9時前に家を出て上田市内で2か所に寄って用事を足し、新幹線上田駅へ。10時39分発で東京へ向かう。一緒に乗車して話しながら行こうと云っていた者が遅れて乗れなかったお陰で、列車内でやりたかった良い仕事が集中して出来た。ラッキー。

12時30分に浜松町の会場に到着。目の前に長野市の田中さんが歩いていたので声を掛けて昼食を一緒に食べながら農村セラピーDAYイベントの打ち合わせを行う。

1時30分から海外誘致セミナー。先日のJNTOの丸山さんのお話です。

3時からインバウンドセミナーが始まり、私は上田市と一緒にメディカルツアーの商品を売り込む。市役所の伊藤さんの多大な協力を頂いた力作ですから反響はすこぶる良い。感心の高さが感じられる。

最初は太極拳を鹿教湯温泉で受け入れようの話で、相手先の石井さんがやってきてくれて話が進む。23日24日に来て貰うことで内容を詰めさせて貰った。

国際青少年交流農村宣言もブースに来て頂いた方に話をしてみると、こちらはもっと凄い反響だった。これを活かして誘客に繋がればありがたいですね。4時30分に終わって5時から着て頂いたエージェント様達との交流会だったが、4時30分には終わらすことが出来ない。5時の始まる時間になってもまだお客様がいて困ってしまった。

交流会も今一番の感心ごとの商品を持ちこんできたので話が弾む。8時の終了時間まで話しだらけ。農村セラピーイベント時に国際青少年交流農村宣言をする時に、関係者に来て欲しいと働きかけを行うが、皆口を揃えて参加したいと云って呉れた。沢山来て呉れると良いですね。県庁の担当者さん達も喜んでいてくれた。

終わってから諏訪関連の諏訪岡谷茅野の方々と夕食を取りながら情報交換と協力関係構築について依頼をさせて貰う。全て前向きに捉えて行動をして貰えることになった。9時29分発新幹線で家路に。

11時に上田駅について駐車場から出ようとしたらカードが入らない。いくらやってみても入らない。警備会社に来て貰って、直して貰ってもカードが入らない。結局手動で開けて貰って、料金は良いですと云われて駐車場から出して貰った。この間25分。最終電車に乗って帰ってきたみたいになってしまった。笑い話だ。

関連カテゴリ: せいしゅん日記 | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。