雨が降ったが、今度は心配が先に立つし、育ちすぎても。農業も悩み多き産業

昨夜は雨が降ったが10ミリぐらいの雨だった。恵みの雨には相違ないのだがもう少し振って欲しかった。朝、田圃の掛け水を止めに歩くと、倒伏している田圃が目に付いた。もう転び始めるのかな、一雨ごとに倒伏が進み、耕作者は気が気ではないだろう。

朝飯前に大根の種蒔き作業を行う。ようやく蒔くことが出来た感があります。ついでに土が柔らかくなったのでヤマゴボウの草取り。8時に帰宅。

そしてタマネギも発芽していたので被覆材を外す。上手く出たがこれがまた悩み。早すぎれば早く育ちすぎて、植え付け時には成長し過ぎていて、来春になったらトウが立つ。思い通りにはいかないを突きつけられる。

午前中は事務所で台湾の件で書類整理や9月7日に筑北村で開催される『農村セラピーDAYイベント』について話し合いやらメール出し。

午後一番でカブの種蒔きともち米の混ざり米を抜き取る。

明日やってくる台湾旅行業者受け入れの準備作業を行う。

関連カテゴリ: せいしゅん日記 | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。