台湾行きキャンセル始末記。滋賀県手配。農業6次化書類。

午前中事務所でいろいろ仕事。あっという間にお昼。時間が経つのが早い。

12時40分過ぎA旅行社の課長がやって来た。私が台湾手配をキャンセルしたことで駆けつけてきたのです。素人がネットで手配しても出来ることをやって貰ったのは私が悪いが、宿もエアーも高い費用を見積もって来たのでキャンセルしたのです。色々と話し合った最後に、『申し上げにくいのですがキャンセル料金が発生します』だった。

参加者説明会に見積書を間に合わせてくれと言っても間に合わせず、仕方ないから自分たちで手配した春に行った際の清算書を参考に話し、それが終わってからA社から見積書が届き、内容を見たら高いし(内容は前に書いた通り)。そして発券は済んでいるのでキャンセル料だって。見積書が届いたのがあとで、手配は先にやって、そこに書いてあるでしょう、だった。ペテン師みたいな手口にあきれ返ってしまう。勉強させて貰いました。見積書の意味を知っているのだろうか?

滋賀県に行って視察や話をすることの打ち合わせを行う。

農業の6次化の書類作り。明日は使います。

関連カテゴリ: せいしゅん日記 | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。