第一回農村セラピーDAYイベントが盛大に行われる。

8時からイベント体制に着く。私はホスト役として、また大まかな動きの手配をやらせて貰う。8時30分過ぎからゲストが来始め9時30分に開会式となる。この間に一つの売りで、「セラッチ」のネットを使っての判定や紙ベースの判定作業も行った。

9時45分から観郷ウォーク開始。17班46人でコンペを行う事が出来た。11時30分過ぎてドンドンとゴールイン。難しい質問だったと云われるたびに、地球人の嗜みですからと応じて笑い話に。でも全員喜んでいてくれました。

11時30分過ぎから基調講演やシンポジュームのパネラーが集まり始め、知事も含めて食事を取りながら打ち合わせ会を行う。知事とはこれからの仕事の進め方について色々と聞かれたり、こちらからお聞きしたり、部長も交えてお話をさせて貰う。

1時15分から清水先生の基調講演「観光と農村の融合」が行われる。先生は絆が震災の危機に際して大いに役立ったと事例を示し、この絆はグリーンツーリズムを通しての交流だったと指摘し、これから一番大事な活動になると云っていたのが印象に残る。

終わって観郷ウォークの結果発表とセラッチの報告。女房がコンペ準優勝になっていて驚いてしまう。でも日頃意見交換を行っている証拠かな。

終わって10分間の休憩後シンポジュームが始まる。最初は私、次に飯山市長、北陸運輸局長、関東農政局、阿部知事。最後に「国際青少年交流農村宣言」を阿部知事から宣言文を読み上げて貰う。4時15分にすべての行事を終了。後片付けを全員で行って解散。

私は吉澤さんとJTB法人東京のお二人とメンタルタフネスについて話し合い、鹿教湯温泉の宿泊についても話し合う。良い方向になった。9時21分の新幹線でお見送りし10時に帰宅。

関連カテゴリ: せいしゅん日記 | ブックマーク: パーマリンク.コメント及びトラックバックは受け付けておりません。
  • ♪ふるさと応援歌『田舎はいいな』

    視聴いただくにはFlash Player が必要です。